読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『人間万事塞翁が馬』を信じて…

明けましておめでとうございます!

今年も宜しくお願い致します!(^^)!

 

『笑顔の配達人』福福いちこ こと 村上委千子です。

 

『信用・信頼』は、生きていくうえで、仕事をするうえで一番大切な事。

 

あなたならどうする?

 

例えば、

自分の知らない間に、AさんがBさんにAさん担当の仕事を発注。

Bさんが書いた文章にAさんが勝手に手を加え私が書いたものとしてある団体に提出。

 

その文章が粗悪なものとして、私がその団体に追及され…

でも、私には書いた記憶がない。

また、一目見た瞬間に筆跡も文章も私のものではないと判った。

しかし、私も大人。ここは大人の対応。

『 (なぜ、データーが無いのか)よくわかりませんが…

担当者のAさんにも確認して下さい。私の記憶違いかもしれないので…』

とその団体にお願いしたら…

 

Aさんは自分は間違いない。私の記憶違いだと回答。

でも、その団体がAさんの言い分の方が怪しいと思い調べたら…

(と、云うよりも…最初からAさんを調査していたのだろう)

 

元々はBさんが書いた物で、しかもAさんがそれに勝手に文章を書き加え、

Aさんに有利な文章にして提出していた事が判明。

 

この一連の事実…Aさんとそのお仲間しか利益を被る人はいないのだから…

冷静に考えれば、誰が考えてもAさんとそのお仲間が怪しいよね!

 

それで、その団体はAさんを糾弾するのだが…このやり取りは秘密裏に行われ

『私が発注を受けたものだ(実際は受けてないのだが…)』と云う間違った事と

『この文章がAさんに有利に改ざんされていてAさんが糾弾された』と云う事だけが

他人に知れ渡った。

 

実際は、私は受注もしていなければ、文章も書いていない。

そんな事実が行われていたことすら知らないのに…

しかも、こちらのミスではないと判っていながら…

『写しやら記憶やら、無くしたのはこちらかもしれない』と、

事実の断定は全くしていないのに…

 

実際は、調査の結果、この文章がBさんの書いたものだとその団体がつかみ

Bさんに確認したところ改ざんがばれてAさんを追及したと云う結末だった。

でも、そこは発表されず…

Bさんの存在すらもかき消され

あたかも私がAさんを陥れたかのように映った。

 

そもそも、私はBさんが最初に書いた文章の中身を知らないのだから…

それに元々の文章を書いたのがBさんである事も知らないのだから…

話せるはずないのに…(ー_ー)!!

 

これは、例え話ですが…

 

こんな事が…あなたの身に起こったら、

どうする~???

 

 『人間万事塞翁が馬

こんな出来事も後々『おかげさまで…』と言える日が来るかも…

一見、不幸に見える出来事も、実はチャンスだったりして!(^^)!

後々、このお話が笑い話になる日を信じて~~~♪

 

素敵な一年になりますよ~に!(^^)!

笑顔で一年乗り切れますよ~に!!!

 

このブログを読んで下さった方、全ての方に幸せが訪れます様に!!!

 

f:id:fukufukuichiko:20170102022314j:plain