読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下着泥棒の勘違い!(^^)!

こんにちは!

『笑顔の配達人』福福いちこ こと 村上委千子です。

 

皆様、お久しぶりです!

今日のお話は、下着泥棒のお話。

 

最近、ご近所さんで『空き巣に入られた!』と云うお話が…

素人の手口で、縁側の窓を破って入られたそう…

 

また、別の方は『娘さんの下着だけが盗られた』

『かあちゃんのは、大丈夫だったのに…』だって。

 

…で、思い出した。

 

私、新婚のころ(27歳ぐらい)にやはり下着泥棒に入られた。

うちは、車庫の中に洗濯ものを干していたのだが…

朝起きると、車庫の戸が開いている…

不審に思い中に入ると…下着干しが、まるごと無い。

下着干しって、まあるいのに洗濯バサミが沢山ついているやつ。

 

でも、二つ下着干しがあったんですが…

一つには主人の下着と私のタイツ、もう一つには私の下着がぶら下がっていた。

で、盗まれたのは…私のデカパンではなく、

主人のかっこいいサポーターパンツ(ー_ー)!!

 

どういうこと!!!

一応、まだ私20代だったのに…

 

警察に被害届を出したが…そこでも言われた。

『ご主人のが、悩ましい下着だったんでしょうね!』って…

そうかもしれんけど…

下着を盗られなくて、良かったような悔しいような…複雑な心境の私でした。

 

皆さん、空き巣には気を付けて下さいね♥

 

f:id:fukufukuichiko:20170516122511j:plain