読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『大義の為に命を懸ける』~本能寺ホテルを観て~

映画

おはようございます!

『笑顔の配達人』福福いちこ こと 村上委千子です。

 

今日は先日観た映画、『本能寺ホテル』のお話。

 

現代の『本能寺ホテル』と安土桃山時代の『本能寺』が繋がっていて…

主人公の 綾瀬はるか が、時代を行ったり来たりするというお話。

 

シュールでコミカルで、本当に軽ーい乗りなのかと思いきや…

作品の根底に理想の信長像がある、と云うなかなか秀逸な作品。

 

時代を行ったり来たりしている間に、

綾瀬はるか演じる主人公が、信長と仲良くなり…

『未来が変わる』とわかっていながら、

『明日、本能寺の変が起こるので逃げて』と信長に進言してしまう…

と云うストーリー

 

でも、未来は変わらない。なぜ?

 

信長は『本能寺の変』を受け入れ本能寺で死んでしまったから。

 

信長のビジョンは『天下泰平の世。みんなが笑って暮らせる世界』

これが実現できるのならば、『実現する人は自分でなくても誰でも良い』

と云う信念があった。

 

そして…

主人公が現代から持ち込んで落とした一枚のチラシ。

そこには、現代人の誰もが笑顔で楽しそうにしている写真が数枚載っていた。

それを、この物語の最初の処で拾い大切そうに持っていた信長。

 

そう、この明るい未来を受け入れる為に

自分が『本能寺の変』で死ぬことを選んだ信長。

 

最初、軽~い乗りで観に行ったのだが…

なんか妙に考えさせられた。

 

『大義の為に命を懸ける』

 

『自分にもできるだろうか?』と…

 

f:id:fukufukuichiko:20170212110653j:plain